NFTアートを販売してみよう!〜準備編<MetaMaskを使えるようにしよう>〜

MetaMaskを使えるようにしよう NFTアート

近頃何かと話題のNFTアート市場。
ちょっとした絵が数億円・・初めてのooが数億円・・何に価値が付くかなんて、誰も分かりはしないこの時代。
私も挑戦してみることにしました。

今回は「準備編」ということで、出品するために必要な環境を整えていく内容となっています。
今後次のような予定で、NFTアートの出品までの流れを何回かに分けてご紹介していきます。

  • 準備編
    • MetaMaskを使えるようにしよう
    • bitFlyerで仮想通貨取引をしよう
    • OpenSeaの利用登録をしよう
  • 出品編
    • 構成は考え中

今回は「MetaMaskを使えるようにしよう」になります。
それでは、早速準備を進めていきましょう!

NFTアートの出品手順

環境を準備して、アートさえ作成できれば、出品の仕方自体は大したことはありません。

  1. NFTマーケットプレイスにログインする
  2. 仮想通貨のウォレットを作成する
  3. ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金する
  4. マーケットプレイスで出品するNFTアートの販売条件を設定する
  5. 出品するNFTアートをマーケットプレイスにアップロードする

NFTアートを出品するために使用するサービス

出品するまでに次のようなサービスを使用していくことになります。

  • OpenSea
  • MetaMask
  • 仮想通貨取引所(bitFlyerなど)

聞き慣れない人もいると思いますが、雑に言ってしまえば次のようなものと考えておきましょう。

  • OpenSea:市場
  • MetaMask:財布
  • 仮想通貨取引所:銀行

要は、この市場は会員制に近いもので、そこで取引を行うには特殊な財布が必要で、その財布に入るものは仮想通貨であり、売買は仮想通貨で行われるってことです。

もちろん、上記に挙げているのは一例です。
他のサービスもあるようですので、そこはご自身で好きなものを使用すれば良いです。

MetaMaskでウォレットの作成

それでは、早速ウォレットを作成していきましょう。

MetaMask
ブラウザーにあるイーサリアム ウォレット

MetaMaskは暗号資産(仮想通貨)のウォレットで、ブラウザ専用として提供されているGoogleChromeのエクステンションです。
拡張機能として追加することで使用することが可能になります。

MetaMaskのページに飛んだら、「Chromeに追加」を押しましょう。

GoogleChromeエクステンション -MetaMask-

拡張機能に追加できたらMetaMaskを起動すると、可愛いキツネがお出迎え。
「開始」を押しください。

MetaMask起動

初めての人向けに説明していきますので、「ウォレットの作成」を選択します。

ウォレット作成開始

パスワード決めて、使用条件を確認して同意したら「作成ボタン」を押しましょう。

パスワード設定

大事なことを説明してくれるので動画はしっかり見ましょう。

ウォレットの保護

とても大事なバックアップフレーズが表示されるので、大切に保管しましょう。

バックアップフレーズ

保管したバックアップフレーズが正しいか試します。

バックアップフレーズの検証

これで、作成完了です。

サンクスページ

作成できると、こんな感じの表示なります。

ウォレット画面

まとめ

これでMetaMaskでウォレットの作成が完了し、NFTアートを売買するために必要な財布の用意ができました。
動画を見る時間を含めても30分もかからず完了できるかと思います。

バックアップフレーズは、とても大切なものになりますので、大事に確実に保管するようにしましょう。無くしてしまったら、財布は戻って来ませんよ・・!

次回は、「bitFlyerで仮想通貨取引をしよう」になります。
財布の中身を用意して、市場に繰り出す準備をしましょう。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました